戸籍

戸籍とは

戸籍とは、人の出生・縁組・結婚・死亡などの身分事項が記録されたもので、
夫婦と未婚の子を構成単位として、市区町村に保管されています。
戸籍の原本が保管されている市区町村を本籍地といいます。
本籍地は自由に変更できるので、住民票のある市区町村が本籍地とは限りません。

出生によって親の戸籍に入り、結婚により親の戸籍から除かれ(除籍)た後、配
偶者との夫婦の新しい戸籍が作られ(就籍)ます。本籍地を変更すると、移転先
の市区町村で新しい戸籍が作られ(転籍)、元の戸籍は除籍されます。
また、人は離婚・死亡により戸籍から除かれ(除籍)、全員が除籍されるとその
戸籍は戸籍簿から除かれ(消徐)、除籍簿へ移されます。

戸籍は戸籍法に規定されており、その記載事項は下記のとおりです。
1.氏名
2.出生の年月日
3.戸籍に入った原因及び年月日
4.実父母の氏名及び実父母との続柄
5.養子であるときは、養親の氏名及び養親との続柄
6.夫婦については、夫または妻である旨
7.他の戸籍から入った者については、その戸籍の表示
8.その他法務省令で定める事項

法改正等により、新しい基準の戸籍に変えることを改製といいます。この改製
により新戸籍の作成の元となった戸籍を改製原戸籍(「かいせいげんこせき」
「かいせいはらこせき」)といいます。

戸籍謄本とは、その戸籍の原本の内容を全部書き写した(または複写した)文書
であり、戸籍抄本は戸籍の一部を抜き出して書き写した文書です。戸籍謄本の請
求には、自分の「本籍」と「筆頭者」の情報が必要です。本籍は、本籍記載の住
民票を取得すれば、そこに記載されます。

住民票はというと、住所の異動や世帯の構成を記録したもので、住民登録をした
市区町村にて取得することができます。

戸籍の附票(こせきのふひょう)というのがありますが、現在住民登録をしてい
る市区町村に本籍がある者の住所の履歴に関する記録です。戸籍の附票は、住民
票と戸籍とをつなぐものとして、戸籍ごとに編製されます。

相続などがあると、戸籍謄本を取得する必要が出てきます。
その場合は、被相続人(亡くなった人)の出生まで遡って現在までのつながった
戸籍謄本を取得しなければなりません。


戸籍は窓口に行かなくても、郵送で請求することができます。
必要なものは、
①申請書:本籍地である市区町村の担当窓口(戸籍、郵送などで検索をする)
となるページにて掲載されています。
②定額小為替:手数料を調べて、その金額の小為替を郵便局で購入します。
(小為替1枚につき100円の手数料)
③返信用封筒と切手
④本人確認証明書(運転免許証など)
返送先は、自宅となります。
封筒に、上記①~③を同封して郵送すれば、1週間ほどで取得できます。

戸籍の請求時、除籍謄本や改製原戸籍など何通になるかわからないときは、
多めに定額小為替を同封して送れば、未使用分を返却してくれます。
但し、返信用封筒の切手は定額小為替では充当できないので、別途同封して
送ってください。

ゆうちょ銀行ホームページ:定額小為替
https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/hikoza/kj_sk_hkz_kogawase.html

2018/5/1