東京都千代田区・秋葉原の税理士事務所タックス・ワンが所得税の計算について説明をします。

所得税の計算の基本についてのお話

確定申告と言いますが、個人に課税する日本の所得税はどのような計算をする
のでしょう。
所得税の計算の基本的流れは、先ずその個人の所得を下記の10種類に分けます。

1.利子所得:公社債や銀行預金等の利息から生じる所得
2.配当所得:法人からの利益配当から生じる所得
3.不動産所得:不動産等の貸付から生じる所得
4.事業所得:営業から生じる所得
5.給与所得:給与収入による所得
6.退職所得:退職金による所得
7.山林所得:山林の伐採や譲渡による所得
8.譲渡所得:不動産・動産・株式の譲渡による所得
9.一時所得:1から8以外の所得で営利目的でない一時的な所得
10.雑所得:1から9以外の所得

次に各所得について、「収入金額△必要経費」などの計算をして
利益(税法上は所得といいます)を計算して、一定のルールの元に合算します。
ただし、利子所得、退職所得、譲渡所得については分離課税といって、合算
しないで別計算となります。

そして、所得控除(医療費控除、配偶者控除など)を別途計算しておき、
それを合算した所得から控除して、残りに税金をかけるわけです。

源泉徴収されている税金は前払い税金ですから、上記で計算された税金から
控除されますが、控除しきれない税金は還付されます。

確定申告は所得税の申告と同時に、住民税の申告もしたことになります。


私たちが行う確定申告では、ほとんどが事業所得、不動産所得そして譲渡所得
の申告です。
そしてその申告する人に複数の所得があるときは、それらを合算して申告します。
多いのが給与所得、雑所得(公的年金等)などですね。


所得を分けずに一本で計算する法人税に比べると、とても複雑でパズル
みたいです。
税理士試験は法人税か所得税のどちらかに合格(選択必須)しなければなりま
せんが、私は両方勉強したのち法人税で合格しました。


確定申告時期には、税務署が税理士会に要請して、税理士による無料相談が
毎年行われます。
私も東京税理士会神田支部(その前は江東東支部)の役員をしていましたので
毎年参加していました。
多かったのは、雑所得(年金受給者)の申告です。そして、規模の小さな不動産
所得と事業所得。所得の計算ではないですが、医療費控除とローン控除。
譲渡所得などは複雑なので、無料相談では対応せずに、税理士を紹介されます。
お金を払って専門家にやってもらってくださいということですね。

無料相談は3人を同時に前に座らせ、記入は本人に任せ、税理士は検算にとどめる。
多少の謝金がでますが、すべて支部会費として強制徴収、悲しいです。
それでもいい勉強なりました。